ガジェット・もの ライフスタイル

【折り畳み自転車】自転車好きが行き着く最適解【DAHON K3】

2021年2月27日

NullNone

博士号取得を目指しながら病院勤務する32歳.学びと生活改善情報を中心に好きなことを書いてマス.

スポンサーリンク

こんにちはヌルナンです.

 

実は自転車が好きです.

とは言ってもママチャリではなくスポーツ車と言われる部類の自転車です.

これまで乗ってきた自転車を挙げると,

  • マウンテンバイク 1台: 4万円
  • ピストバイク 2台:15万円
  • ロードバイク 2台:40万円
  • クロスバイク 1台:5万円
  • ミニベロ 1台:5万円

これぐらいでしょうか.

何故わざわざ値段を記載しているかというと,自転車は値段に如実に性能があがるし,どの程度の自転車かってのが把握しやすい.

メーカー名を言われても多くの人はピンと来ませんからね...

 

ここで何が言いたいかというと,僕は

  • 自転車がちょっと好き
  • 3万から40万程度の自転車を所有したことがある
  • 自転車の構造・パーツに関してちょっと知ってる

ってことです.

でも,

 

今は上に挙げた自転車のほとんどを手放しています.

 

正確には,売った...ですが.

そして,先日また新たな自転車を買いました.

 

上の自転車のジャンルにはない自転車で,

 

折り畳み自転車

 

を買いました.

 

「DAHON K3」 です.

これだけの自転車を乗って何故わざわざ折り畳み自転車を購入したのか.その経緯と理由を説明したいと思います.

おそらく,多くの自転車好きが経験した考えだと思うので自分の経験と照らし合わせてみてください.

 

そして僕は人生最後の自転車は折り畳み自転車だと思ってます.

 

自転車は一台で全てを網羅できない

自転車にはマウンテンバイクからロードバイク,折り畳み自転車やママチャリまでいろんな種類がありますが,結論から言うとその目的に合わせて作られているので,一台で全てを網羅しようと思っても無理です.

 

マウンテンバイクは悪路や山を走るのに適した構造とパーツで構成されていて

当然ロードバイクのように速くは走れないし,長距離にも向かない.

 

逆にロードバイクで悪路を走ろうと思ってもタイヤの細さや,ハンドルの形状から悪路には向かない.そして,マウンテンバイクとロードバイクで近所の買い物に出かけようと思っても,カゴもなければスタンドもないので買ったものを手で持つかリュックに背負うことをしなければならない.

何より,ママチャリが1万円で購入できるのに,数10万円もする自転車を店先や駐輪場に置いておくのは精神衛生上良くない.

結局,目的に合わせて自転車は複数台所有するのが正解なんですね.

 

実は,マウンテンバイクとロードバイクの中間のような位置付けのクロスバイクというものも存在はします.

通勤通学には向いていますが,趣味としては中途半端でロードバイクほど軽くもないし速くもない..マウンテンバイクほど悪路は走れないし,衝撃にも弱い.

スポーツ自転車初心者がまずはどんなものかと試しに乗る分には十分ですが,僕の経験上多くの方がクロスバイクを乗り続けるということをしている人はいないですね.

 

クロスバイクを買う → 最初は乗る → 信号待ちでロードバイクと並ぶ → 羨ましくなって買い替える

 

こういうパターンの方はかなり多い気がする.

 

結局は,目的に応じた自転車を何台も購入して,自分のライフスタイルに合った自転車を探すしかないんですね.

 

自転車に乗る行為に壁ができる問題

学生の頃は,車もバイクもないので通学手段として自転車は毎日のように乗りますが,社会人になって車通勤やバイクの楽しみを知ってしまうと自転車からは遠のいてしまう.

まして,山に行く時間も暇もないのでわざわざマウンテンバイクを乗るという行為が億劫になるんです.ロードバイクも同じで,共通の趣味を持った仲間がいないとロードバイクに乗る!っていう行為が煩わしくなります.

ジーパンでロードバイクに乗れないし,ロードレーサーのようなピチピチを着てフラッと店に立ち寄るのも恥ずかしい...忙しい社会人がロードバイクに乗る!という行為だけのために2時間程度の時間を割くことが出来るかどうか.

結局,どんなにいい自転車でも自転車に乗るという行為に壁ができるのは皆同じです.

高価な自転車になればなるほど,壁は高くなりますし,ママチャリ最強説が出て来るワケですね.

 

自転車の保管問題

あまり乗らなくなった自転車をどこに保管するか...です.

 

購入時に保管場所を決めると思いますが,ママチャリならマンションの共有駐輪場や,外に置いておいてもあまり気になりませんが,高価なロードバイクやマウンテンバイクを保管するのに外に置いたままだと,盗難の心配や,雨等による錆や汚れ問題が出てきますよね.

ほとんどの方が,スポーツ自転車を室内に保管していると思いますが,どうでしょう..邪魔じゃないでしょうか.

スポーツ自転車はママチャリに比べて細身で軽量なモデルが多いので,持ち上げたりする分にはあまり問題ないと思いますが,サイズはどうにもなりません.

 

一人暮らし,家庭持ち,マンション,一軒家

 

いろんなライフスタイルがあると思いますが,自転車の保管場所は自転車に乗る壁よりも高いかもしれませんね.

 

折り畳み自転車が最適解

もう一度,自転車に関する2つの壁を書くと,

 

  • 自転車に乗るのが億劫となる問題
  • 自転車の保管場所の問題

 

僕もいろんな自転車を乗り継いできて,乗るのが面倒になる問題から保管の問題も経験してきました.

そして行き着いた先は折り畳み自転車です.

 

折り畳み自転車と言っても,量販店やホームセンターにあるようなモデルではなく,僕が購入する基準を示すと以下のようになる.

  • 重さ10kg以下
  • 20インチ以下
  • 折り畳みの技術があるメーカ

折り畳み自転車とはいえ,ロードバイクを乗っていたのであまり走行性能を落としたくない.買い物用であれば問題ありませんが,それならママチャリで十分.

あくまで趣味として自転車を楽ししみ,適度な運動を行うことを目的としている.

 

折り畳み自転車なのに行動範囲が増えた

折り畳み自転車なのに遠方に行くことが増えた.

僕の購入した「DAHON K3」

重量が8kg台とロードバイク並み.

その軽さゆえに車のトランクに乗せて遠方で自転車に乗る楽しみが増えた.コロナでなければ輪行等もしてみたいですね.ロードバイクではそうもいきません.

 

折り畳みの接合部分も剛性不足を感じることなく,折り畳み動作も慣れれば2分もかからない.最高です.

ホイールが14インチとは思えない安定性と走行性能.折り畳めば,かなりコンパクトのなるので保管場所にも困らない.

 

もうロードバイクに乗る気が起こりませんね.

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

NullNone

博士号取得を目指しながら病院勤務する32歳.学びと生活改善情報を中心に好きなことを書いてマス.

-ガジェット・もの, ライフスタイル

© 2021 NullNone BLOG Powered by AFFINGER5