ガジェット・もの

【AirPods】Proじゃないほうのレビュー【使えます】

2020年11月7日

NullNone

博士号取得を目指しながら病院勤務する32歳.学びと生活改善情報を中心に好きなことを書いてマス.

スポンサーリンク

今更ながらですがAppleのAirPodsのレビューです.

テレワークやオンライン会議で使う機会が増えてきましたよねイアホン.

これまでは有線のイアホンでした.ケーブルの取り回しが鬱陶しかった.AirPodsにしてからはケーブルがなくてとても快適です.

でもいろいろと購入を悩んでいる人も多いでしょう.なんてたって安くはない買い物なんで.

AirPodsに関して,ちょっと耳よりなレビューです.

AirPodsの特徴

2020年現在Apple公式HPで販売されているAirPodsシリーズは,以下の三点

AirPods with Charging Case AirPods with Wireless Charging Case AirPods Pro
17,800円(税別) 22,800円(税別) 27,800円(税別)

基本的にはAirPodsはiPhoneやiPodのようなApple製品での使用がメインですが,Androidでも使用可能です.

この表を見てどうでしょうか,Apple製品が好きな人はいいですが,イアホンに1万5千円を超えた金額を出すなんてどうかしてる笑

自分が使っているのは一番安い「AirPods with Charging Case」です.

「AirPods」がイアホン本体で「Charging Case」がイアホンを充電してくれるケースですね.表中のとなりが,「Wireless Charging Case」なのでワイヤレスで充電をしてくれるケースです.

イアホン自体は両方ともワイヤレスですので安心を.

ワイヤレスのイアホンはどこから電力を得ているかと言うとケースからですが,このケースはどこから電力を得るかと言うところの差が「Charging Case」,「 Wireless Charging Case」の違いです.

Charging CaseですとiPhoneでお馴染みの「Lightningケーブル」をケースのお尻に差してケースを充電します.

イアホン自体は満充電で最大5時間の使用が可能だが,ケースに入れて充電すると24時間以上使える.

AirPods Proは最大で4.5時間使用可能で,ケースで充電すると24時間以上使える.

でもケースに入れて充電している間は当然イアホンは使えないですよね笑

と言うことでAirPodsは最大で5時間使用できます.

ただ,短時間充電で15分程度充電すればAirPodsなら3時間程度使用できる.

AirPodsは高級

僕が住んでいるのは田舎,

都会の方はいいんですよ.通勤の電車やバスで使用できます.でも田舎ではほとんどの人が移動が車なので,音楽は基本的に車内のプレイヤーで聞きますよね.

なので,正直イアホンは持っていてもいざというときの有線の安いので十分なんですよ.

特にノイズキャンセリングがすごいと噂のAirPods Proは税込で3万円超えますからね.正気じゃない.

いろんなガジェット系レビュアーがAirPodsについて高評価をしていますが,使う場面と値段を考えると結構ハードルの高い商品だと思いますよ僕は.

けど僕はAirPodsを購入したんですよ.

魔法のようなペアリング

これに尽きると思います.

有線では当然接続はプレイヤーに挿せば瞬時に繋がる.操作も簡単だし,何より意図した通りに動く.

ただワイヤレスとなると,途中で接続が切れたり,うまく接続できなかったりする.

僕も,以前はワイアレスの安いのを購入しましたがうまく接続ができなかったり途中で接続が切れたりストレスフルですぐ手放した.

でも有線のゴチャゴチャが嫌いで有線は使いたくないし,家でオンライン会議をしていると優先であればパソコンから離れることができない.

H1ヘッドフォンチップのペアリング

AirPodsの接続性は一瞬です.有線でケーブルを挿す時間より短い.

自分が使っているのはAirPodsの第二世代なので第一世代よりもさらにペアリング性能は向上している.

おかげで,接続が切れたり途切れたりする経験はないですね.

これが一回でもあるとかなりストレス.もし電話で通話をしているのなら途切れた瞬間の会話は聞き直さないといけない.時間の無駄です.

そう考えるとこの値段は妥当かもしれない.

時間とストレスをお金で解決するのは正しいことだと思います.

毎回電源をオンにしたり接続をする作業も不要です.ケースから取り出し,耳に入れるだけでOKです.

音の遅延も低減されているのでゲームでも使える.僕はしないけど.

操作性もいい感じ

もちろんAirPodsの操作性もなかなかのものです.

どちらか片方のAirPodsを耳から外すと再生が一時停止してくれます.再び装着すると自動的に再生開始するし,両方外すと停止できる.もちろん片耳だけでの再生もできる.

誰かが不意に話しかけてきたりした時もiPhoneやプレイヤーを操作してまごまごすることもない.

「Siri」機能は正直使わない.

Siriの聞き取りが常時ONになっているAirPods.そとで大きな声で「Hey Siri!」なんて言うと完全に不審者.

ランニング中はいいかもしれないですね.

ただ外でAirPodsを使うとき,ケースから出す際にイアホンを落としそうになる.手袋した状態だと難しいと思います.AirPodsは小さく軽い.なのでAirPodsを外で使用するときは落とさないように注意してください.高級なイヤホンなので笑

タップで曲送り

AirPodsの側面をダブルタップすると以下のことが可能

  • Siri
  • コンテンツの再生・一時停止
  • 次のトラックにスキップ
  • 前のトラックに戻る
  • オーディオコンテンツを無効

当然,左右2つのイアホンしかないので設定は左右で2つしかできない.しかもタップの反応が絶妙すぎてうまくいかない時が多い.タップではなくて「撫でる」や「長押し」の方が良かった.

ただ,ワイヤレスイアホンとしての完成度は高いですね.

これだけの金額を支払っているのでそれだけリターンを求めてしまうが,金額だけのリターンはある.iPhoneを持ってるのであれば,ワイアレスイアホンはAirPods一択.Proを購入するかどうかは用途にもよるが通常使う分にはAirPodsで十分です.

ケースは必須

スマホカバーをつけない僕ですが,AirPodsにはカバーつけてます.

本体が小さいのもあるがカバンに入れることが多いのでなくしそうです.

ですのでカラビナ付きのケースを使っています.100均ですよ.

ケースに高い金額払う気にはなれないし,100均で十分です.

と言うわけで,AirPods使えます.

以上です.





スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

NullNone

博士号取得を目指しながら病院勤務する32歳.学びと生活改善情報を中心に好きなことを書いてマス.

-ガジェット・もの

© 2021 NullNone BLOG Powered by AFFINGER5