ライフスタイル

【タトゥー】医療従事者でタトゥーはダメなの?

NullNone (ヌルナン)

博士号取得を目指しながら病院勤務中.学びと生活改善情報を中心に8割ぐらいの力で好きなことを書いてマス.Apple,ガジェット,自転車好き.将来は海外で論文書きながら暮らしたい.

こんにちはヌルナンです.

人の価値観は変化する.
基本的に常識というのは価値観とともに変化すると思っていて,
コロナによって,多くの価値観や常識が変化したと感じる.

今日はタトゥーの話.

僕は医療従事者である.

そして医療従事者でタトゥーってのはダメなのかってことを記事にしてみる.

 

 

タトゥーと「悪」

よく温泉や銭湯で,「入れ墨お断り」て書かれているが,「僕はタトゥーなので関係ないです,ゆっくり湯船に浸かります…」とは言えない.

結構タトゥーと入れ墨は同じもので,目にそのタトゥーが入るとギョッとする.

ワンポイントのタトゥーか背中一面かによっても変わるが,

 

基本的に日本ではタトゥーは受け入れられていない.

 

タトゥーを入れている人=覚悟を持った人

簡単に消せない.

身体に残るもの.

人の道から外れることへの覚悟かもしれないし,若気の至りかも知れない.

実は日本もしくは自分の生活している環境はタトゥーを入れる機会が少ないからタトゥーを入れるのは「覚悟」が必要なことかも知れない.

若気の至りとはいえ,自分が若い頃にタトゥーとは無縁の人間と生活をしているのにタトゥーを彫る覚悟は簡単に「若気の至り」で片付けられないかも知れない.

当然,これからの人生でタトゥーが受け入れられる人だけと付き合う訳ではない.

嫌われて,怒られて,「悪」とレッテルを貼られて偏見を受けることも想像できる.

だから,その時の覚悟は相当のものだ.

「母さん,タトゥー彫ったよ」と言って,容易に納得する親がどれくらいに日本にいるだろうか.

ただタトゥーを入れている人が,悪かどうかは無関係.にしても相当の覚悟を有していることからタトゥーに偏見がある人とはそもそも分かり合えない.

僕はそれでいいと思っている.

何も考えずにファッション感覚で彫るも当然いるだろう.

どちらにしても…

「お前らとは違うんだ」

 

病院とタトゥー

病院勤務するにあたってタトゥーの検査は受けたことはないが,

おそらくアウトだろう.

 

病院の規模や理念も多様化しているが,一般患者を受け入れしている外来で,

タトゥーがチラつく医療従事者はいないとは言えないが少ない.

 

もしかしたら,医師免許,看護師免許等の法律で決められているかも知れない.

それこそ,腰や胸なんかの見えないところに彫っていたら全くわからない.

同僚に密告されたらクビになるだろうか?

 

そもそも見えないところのタトゥーはバレるのだろうか笑

就業規則等に頭髪やピアス,ネックレス等の制限を設けている病院もあるが,タトゥーに比べればいずれも即座に着脱や黒染めが出来る.

 

血管走行が見えくい・診断の妨げに

従事者ではなく,患者の場合を考えると,

タトゥーが彫ってある場所によってはルート確保時に注射針の刺入部が分かりずらいこともある.

これは,救急を要する場合においては圧倒的に不利になることもあるだろう.また皮膚の紅斑等の変化が分かりにくいこともある.

MRI検査が受けられるのかどうかの議論もある.

病院や自分のタトゥーにもよるだろうが,

 

自分が患者にならないことを祈るしかない.

 

結局ダメなのか

ダメでは無いが制限はある.が正解だろうか.

決してタトゥーを推進したりする気はないが,

 

明日の命を考える医療現場で,「ファッション」だの「自己表現」だのは通じない.同僚や病院に注意されたくないのなら隠し通すし,バレた時には辞める覚悟で仕事に従事するしかない.

 

病院勤務に限ったことではないだろうが…

 

消えないがタトゥー

タトゥーに何がいけないって簡単に消せないところだが,

それがタトゥー.

それがいい.

ただ,力の誇示や相手の自由を制限し,不快感を与えるツールとならないようにすれば良いだけだ.

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

NullNone (ヌルナン)

博士号取得を目指しながら病院勤務中.学びと生活改善情報を中心に8割ぐらいの力で好きなことを書いてマス.Apple,ガジェット,自転車好き.将来は海外で論文書きながら暮らしたい.

-ライフスタイル

© 2021 NullNone BLOG Powered by AFFINGER5